スポンサーサイト

Posted by ぱんたー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポータブルナビつけてみた

Posted by ぱんたー on 10.2010 日記その他 0 comments 0 trackback
こんにちは、ぱんたーです。

今回はゲームじゃありませんw

あまりにもネタがないので・・・
ポータブルナビを買って、車に取り付けてみたのでその様子でもUPしようかと。
001.jpg
↑Gorillaっていうまぁ有名なナビだと思います!
 今回取り付けるものはGorilla NVSB541DTです。

結構長い記事になるので、暇で暇でしょうがない方ご覧ください。

まぁ見てる人いないかもですがwww

ほいじゃ始めましょう~~
①ナビ本体の位置決め

うちの車はタントです。
この車、こういうスタンド取り付けするには余りいい場所がありません・・・
002.jpg
「まぁここでいいかなっ」

このナビには吸盤タイプの取付キットが入っていたので、それをくっつけて
003.jpg
はい、取付完了。


試運転に行ってナビが正常に作動することを確認してこの日は終わり。

次は
・VICS(渋滞情報)のプリントアンテナ取付
・パーキングブレーキ接続ケーブルの取付
です。


②VICSアンテナ取付

このキットに入っていたのは、フロントガラスに貼り付けるプリントアンテナ
だったので、それを貼り付け配線していきます。

アンテナはフロントガラスの左上(運転席から見て)に貼り付けるので、
配線を通すため、左前のピラーの内張りをはがします。
004.jpg
タントは特にネジなどを外さずに、簡単にとれました。

また、天井の内張り内にも配線を通すためにバイザーも外します。
005.jpg

アンテナの貼り付け部分をマーキングして位置決めし、
貼り付け部分をきれいにふき取りアンテナを貼り付けていきます。
006.jpg
貼り付け完了(逆光でうまく撮れません・・・)

ここから配線をつけていくことになります。
ただ・・・このあと夢中になって(プリントアンテナ貼ってるときからデスガ)
だいぶ撮影忘れていますwww

まぁそこは説明書を見てもらうということで(じゃぁこの記事はなんだ!?)

配線はこちら
007.jpg
先端のほうの白く見える部分が、アンテナに貼り付ける部分。
途中にある白い部分はアース接続部分です。

先端の部分をアンテナに貼り付け、配線を取り回してピラーに這わすのですが、
途中でアースに接続が必要になります。

説明書には
『アースシールを貼って、そこにアース端子を貼り付ける』
というふうにしか書いていないのですが、なんか不安なのでシールを貼り付ける面の塗料は剥がしました。
008.jpg
↑四角く削られた部分が削ったとこ。
塗装を削ると錆が心配ですが、アースシールを貼り付けるので大丈夫でしょう。

そこにアース端子を貼り付け、
009.jpg

ピラーに沿って配線を這わせていきます。
私は見えない部分はガッチリ止めたいので、ピラー内側の配線はガムテープでとめちゃいます。
010.jpg
暗くて見にくいっすね・・・

そしたら本体まで配線をまわし、
012.jpg
配線の必要な長さが決定したので、余った配線をまとめて隠します。
011.jpg
ちょうどこの下にスペースがあったので、その中にスッポリ納まりましたヽ(´ー`)ノ
そして外した内張りなどを戻して

完成です(・∀・∩)
013.jpg


③パーキングブレーキ接続ケーブル取付

これはナビを車載したとき、パーキングブレーキをかけた状態で各種操作や
テレビの視聴ができるようになるよう、信号ケーブルを取り付けるわけです。

取り付けの仕方ですが、あんまり配線がいろいろなところから伸びてくるのも
かっこ悪いので(インパネ上に這ってるだけでもかっこ悪いのに・・・)
VICSケーブルと同じ場所を這わすことにしました。

なのでまた内張りを外すことに・・・
良い子のみんなは作業が全部終わってから復元することをおすすめしまs


さてさて、本体から配線をのばし、VICSケーブルと同じように内張りの中まで導き
そこからサイドブレーキ配線まで引っ張るのですが、タントはグローブボックス
を外せば、左側から配線をおろすのが簡単にできます。
014.jpg
通した配線を運転席下まで這わせて、サイドブレーキケーブルに結線します。

015.jpg
サイドブレーキケーブルは、↑の画像の中央上部にみえる白いカプラ。
説明書にはこのケーブルにエレクトロタップで結線しろと書いてあります。

でもエレクトロタップって嫌いなんですよねぇ・・・
接触不良起しやすいし、配線傷つけてるみたいで。

しかしここで困りました。
スペースに余裕がないうえに、ケーブルも長さに余裕がないので手元まで
引き出して作業できません。

「んじゃエレクトロタップやめてY結線しよっと」
ってなわけでこいつを使います。
016.jpg
これ自作でも簡単につくれちゃいますが、カーショップでも売っています。
平型端子ならこいつで簡単に分岐できます。丸端子ももちろんあります。
ってかなんでも作ればこの程度は簡単ですがw

んで
017.jpg
平端子を配線につけて

018.jpg
繋げて漏電防止と配線外れ防止のためにビニールテープで巻いときます。
先ほども書きましたが、見えないところは見た目よりもしっかり貼り付ける主義なので
ビニールテープもやや厚めに・・・
し・・白いテープしかなくって仕方なくこの色ってわけじゃないんだからねっ

・・・

そしてこいつを取付け配線をきれいにしまい、内張りなどを復元して完成です!019.jpg
逆光MAX(´・ω・`)
配線とかみえねーしw
まぁVICS情報なども受信できるようになり、いいんじゃないでしょうかね。

ポータブルナビは盗難が怖いので、車から離れるときは持ち出すことになると思います。
なのでシガーライターからとる電源は、あえて固定しないことにしました。

簡単なもんですね。これならちょっとかじったことある人なら十分取付可能だと思います。


最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!!






でもこれだと走行中などに助手席の人がTVをみたりできないんですよね~
まぁそれが普通といえば普通なんですけど・・・

だから・・・


このナビはサイドブレーキ接続ケーブルをアースに落とせば、いつでもサイドブレーキ
を引いた状態として認識してくれます。
まぁよく知られてることですが、ただアースに落とすだけじゃだめなナビもあるのかな?
私は実際にそういうのを知らないのでわかりませんが・・・

アース接続すれば走行中助手席の人がテレビを見たり、ナビの設定をしたりもできるようになります。

え?・・・わ・・・私はそんなことしていませんよ^^;;;;;;;;
ここを読んじゃった人、上記のことをするときは自己責任でお願いします。
運転するときはTVを見ながらとか絶対やめましょう!!





スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://panta.blog50.fc2.com/tb.php/169-34fbbc74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。